防犯

住宅侵入犯罪を未然に防ぐ“予知防犯”

「空き巣・居空き・忍び込み」など、住宅侵入犯罪は後を絶ちません。

監視カメラや赤外線センサーを設置したり、ピッキングに強い鍵に交換したり、警備会社と契約したりと、いくら防犯対策を講じても、そこに住まう人に隙があれば、犯罪者に狙われてしまう危険性があります。

千金堂 深谷・寄居店スタッフは、犯罪アナリストの梅本正行氏が学長を務める、NPO法人日本防犯学校認定のセキュリティー・アドバイザーを取得して、犯罪者に狙われにくい住宅づくりだけではなく、犯罪者に隙を見せない住まい方まで提案して、『家族が安心して生活できる家づくり』を行っております。

「入りたくない・入りにくい・入れない」犯罪者の嫌がる家づくり

住宅侵入犯罪を未然に防ぐためには、「犯罪の種類と手口」を知り、「犯罪者の心理や行動」を読むことが必要です。

そして、被害に遭いやすい家か、犯罪が起きやすい環境かを見極めた上で、「音・光・目・時間・通報」を駆使した「5つの対策」を講じます。

被害に遭ってから対策を講じては手遅れです。

被害に遭わないために、犯罪者が『入りたくない・入りにくい・入れない』対策をすることが、最も重要なのです。

住まいの防犯の事なら、どんなことでもご相談下さい!

効果的な防犯対策を講じるために、NPO法人日本防犯学校認定のセキュリティー・アドバイザーが、住まいの環境・家族構成・ライフスタイルなどを充分に考慮して、犯罪に遭いにくい住まい方・防犯対策をご提案いたします。

「敷地内に見知らぬ足跡がある」「無言電話が多い」「郵便物が盗まれる」などは要注意、防犯のことなら、どんな些細なことでもご相談ください。